縁起

日蓮聖人が建長5(1253)年に清澄寺で立教開宗をされた後、鎌倉での布教を志され、拠点とされたのが当寺の始まりです。約20年を過ごされ、かの有名な『立正安国論』もここで執筆されました。


その『立正安国論』を文応元(1260)年7月に前執権北条時頼に奏進したことにより、他宗派の人々の怒りを買い、同年8月27日に焼き討ちに遭いました。地名を取って、松葉ヶ谷の法難と呼びます。


このような縁起により、当寺は「松葉ヶ谷霊跡 安国論寺」といいます。

安国論寺 連絡先

法事・ご祈祷のご依頼、参拝のご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。